QRコード
QRCODE

和歌山の情報発信
ブログポータル

ログインはTOPページで
私も作ってみる


[PR]ちらし印刷選挙用品
[PR]和歌山ネットチラシ
[PR] 和歌山情報ブログでチェックイコラブログ
[PR] 商品ページ1ページからリニューアル!!楽天ヤフーOK!現在キャンペーン


アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 1人

2010年10月21日

骨髄バンク ドナー候補④


回答を送って数日後、コーディネーターさんから


電話がかかってきました。


コーディネーターさんは提供者・医師・採取病院などの


連絡調整をしてくれる方です。



早速、確認検査の日程調整をしました。


確認検査は、採血をして一般的な血液の成分の検査に加え


白血球やDNAの適合性や感染症にかかっていないか


どうかも調べるそうです。



提供者の候補は1人から最大5人まで平行してコーディネイトを


進めます。



確認検査の結果で患者さんに一番適合した方を選ぶそうです。


自分以外に適合者がいるかどうかは教えてくれません。


提供者の自由な意思を尊重する為だそうです。
(提供者が自分一人しかいないと断りにくくなるからですね)



和歌山の病院では、先生の都合で確認検査は


平日の午後からになるそうです。


午前中だとパートの仕事を一日休ませてもらう事に

なってしまうけど


午後からだと、午前中は少しでも仕事ができるので

都合がよかったです♪



体験談を読むと、コーディネーターさんの心遣いの素晴らしさを


書かれている方が多かったので


私の担当の方はどんな人だろうと


密かに期待していましたが(笑) 



担当さんは女性の方で、とても丁寧で期待通りの


素敵な方でした☆



骨髄提供にむけて話が進み始めたのですが、


まだ私に決定したわけではないので、


検査の日に休ませてもらう時に事情を説明しようか


迷いました。



旦那さんは、私に決まるまで言わなくても


いいんじゃないかと言うけど


いざ決まったら会社を数日休ませてもらわないと


いけないし・・・



もしも決まった時に休ませてもらえるのかも


確かめておきたかったので


直属の上司にだけ話をしました。



上司はちょっと驚いた様子だったので


『もしも提供者に決まったら休ませてもらっても


いいでしょうか・・・』 と恐る恐る聞いてみたら



『人の命にかかわる事だから、優先しないといけないよね。。』


と言ってくれました☆


理解してもらえて安心しました♪



つづく・・・  


Posted by tami at 17:13Comments(0)ドナー候補

2010年10月08日

骨髄バンク ドナー候補③



旦那さんとの意見がまとまったら、母や妹に話そうと


思っていたのに、旦那さんはまったく聞く耳もたず・・・・


どうしたらいいのかと、結局妹に泣きついてしまいましたicon10



妹も最初はビックリしてたけど、私の話をきちんと聞いてくれて


まったく心配がない訳ではないけど、そんなに危険ではない事を


わかってくれて


「お姉ちゃんが提供したいというなら協力するよ!


入院中の子供の事は任せといて!!」 と言ってくれたので


本当に嬉しかったし心強かったですicon12




バンクへの回答期限もせまってきたので、旦那さんに


妹は一応賛成してくれたと伝えたら、


実家のお母さんにも意見を聞いてと言われました。




実家の母は心配性で一番反対されると思っていたから、


決めてから伝えようかと思っていたくらいでした。



母は私の話を聞いてかなり動揺してました・・・


「良い事だと思うけど、勝手なもので自分の娘が提供する立場に


なるのはすごく心配だ」と言われました。



「もう少し子供達が大きくなってからでも」とも言われたけど


数年後私が健康であるとは限らないし、患者さんにとって


また今度は無いから・・・ するなら今したいと伝えました。



母は少し考える時間を欲しいと答えはすぐもらえませんでした。




みんなに色々心配かけて、心配を押し切ってまでやるって


私の自己満足かな・・・ 色々考えたけど


やっぱり提供したい意思は変わりませんでした。




二日後母から連絡があって、母も心配しながらも


私の意思を尊重してくれると言ってくれました。



母が「ただ一つ気になるのは、○○君(旦那さん)はお母さんに


反対してもらいたかったんじゃないかな。。。」


と旦那さんの事を気にしていました。




旦那さんにその事を伝えると


「お母さん、スルドイな~icon10」と苦笑いしてたけど


ついに旦那さんも渋々承諾してくれたので


早速バンクに回答を送りました。




つづく・・・







  


Posted by tami at 20:28Comments(0)ドナー候補

2010年10月05日

骨髄バンク ドナー候補②


提供を出来るかどうか、まずは自分の気持ちを整理をしようと思い


骨髄を提供した方のブログやHPがないか探してみると



骨髄バンク ドナーズネット http://www.donorsnet.jp/index.html  

骨髄バンク ドナーの輪 http://www.donor-no-wa.com/about/about01.html 


というサイトを見つけました。



そこで沢山の体験談を読んで、提供したいという気持ちが固まりました。




その日、帰ってきた旦那さんにその事を伝えると


やっぱり私の体に万が一の事があったらと、


賛成してもらえませんでした。




それなら、骨髄バンクから送られてきた資料や


ネットの体験談を見てほしいと頼んでも


いいことしか書いていないだろうからと


目を通してもらえませんでした。




内容を知って反対されるならまだしも、


まったく内容を知ろうともせず


ただ危なそうだから反対という事に納得がいかず


頑固な旦那さんにどうやったら理解してもらえるのか


悩みました。





つづく・・・




  


Posted by tami at 19:27Comments(0)ドナー候補

2010年10月04日

骨髄バンク ドナー候補①


数年前に登録した骨髄バンク


もしも家族の誰かが病気になって、家族以外からの


骨髄の提供を受けないと治らず死んでしまうなら


必死で提供してもらえる人を探すと思います。




それなら今私が健康なうちに


提供してもらいたいと思っている患者さんに


骨髄を提供してあげたいと思い登録しました。




最近、登録以来初めて患者さんとのHLA型(白血球の型)が


一致しましたと封書が届きました。



骨髄を提供する意思があったからバンクに登録したけど


いざ提供のお願いが来てみると・・・



今まで全身麻酔はしたことがないし、


どんな事でも100%大丈夫って事は有り得ないから、


万が一私に何かあれば、よかれと思ってした事で


家族に迷惑をかけてしまうかもしれない


やっぱり色々な不安がよぎりました。




骨髄バンクからのお知らせには、


決して提供を強くお願いするのではなく


ドナー(提供者)さんの安全と健康優先で、


都合が悪ければ簡単に断れるよう、アンケート用紙で


提供の意思を回答するようになっていました。





つづく・・・



  


Posted by tami at 17:45Comments(0)ドナー候補